審査のポイントは?借り換え比較ランキング

キャッシングの借り換えに関しての最も重要な「金利」ですが、一般に借入額が大きくなるほど金利は低くなります。 金利の設定はそれぞれの金融機関によって異なるわけですが、借入額が大きくなるほど金利が低くなるのであれば、金融機関が分散して金利がつくよりも、借り換えをしてまとめて借入額を大きくして金利を低くすることを考えたほうがお得ということになります。 毎月の返済額も、支払い総額も、分散させていたときの合計より抑えられる可能性を探して、借り換えた場合の試算をしてみましょう。

借り換えも基本的には新しくお金を借りるのと同様の審査があります。お金を借りる際には、まず消費者金融などの貸金業者に利用の申し込みを行ない、審査を受けます。この審査に通ることができなければ、借り換えローンを利用することはできません。そんな、借り換えキャッシング利用のために必須となる審査ですが、この審査ではどのようなことがチェックされるのでしょうか。

キャッシングの審査基準は、それぞれの貸金業者によって異なっています。またこの審査基準は基本的に公開されることはないため、審査内容の詳細はよくわかっていません。また、消費者金融などの貸金業者よりも、銀行系の会社の方が審査基準がより厳しいとも言われています。

このように審査基準は各社によって違っていますが、最も重視されるのは当然のことながら支払い能力です。申し込み者の勤務先や年収は特にしっかりとチェックされることになります。また、加えて過去のキャッシングの利用履歴も審査対象となります。過去に延滞や不払いなどがある場合にはひっかかってしまう可能性もあります。また消費者金融の場合、すでに4社以上で借り入れがある方の場合は規制によって借り入れができない場合があるのでおまとめローンのときには注意が必要です。

こうしたキャッシングの審査には、ある程度の時間がかかるというイメージを持たれている方がいらっしゃるかもしれませんが、最近は即日融資に対応する会社も増えるなど、審査がかなりスピーディーになっています。中にはウェブサイト上で簡易審査を受けられる会社もありますので、審査に通るか心配な場合はこうした簡易審査を利用してみるとよいかもしれません。

また、おまとめローン専門のローンも登場していますので、そういうところにまず相談してみるのも良いでしょう。

借り換えのメリット

最近は、住宅ローン金利の引き下げや、貸金業法の改正で金利の低い商品が登場しています。

金利の低い商品に借換することで毎月の返済額を軽減できるかもしれません。

また、複数ローンを借りている場合、返済日や返済方法がそれぞれ異なっていたりするため、返済の予定や手間が煩雑になってしまいがち。一本化することで返済計画も立てやすくなるというメリットもあります。

借金返済計画の立て方

消費者金融からのキャッシングにカードローン。利用申し込みの審査に通ってしまえば、意外と簡単にお金を借りられる環境になっている現在、気軽にお金を借りすぎて返済が困難な状況に陥ってしまう人が増えていると言われています。借金を返すことができなくて任意整理、自己破産、なんてことになってしまわないためには、しっかりとした借金返済計画を立てることが必要不可欠!でも、いったいどうすれば無理なくきっちり返済できる計画を立てられるのでしょうか。

まずはお金を借りる前に、自分の毎月の家計の見直しをしてみましょう。月収の中から生活に必要な家賃や食費、交際費などを引いたうえで返済に充てられそうな金額をはじき出します。その金額から借金しても大丈夫な金額を逆算して借り入れを行なえば、無理のない返済計画の中でスムーズな返済が可能になるはずです。

しかし、すでに複数の借金を抱えて返済に悩んでいるという方の場合は、まず自分の現在の状況をしっかりと把握するということから始めなければなりません。複数の借金を抱えている場合は、いったいどの会社からどの金利でいくら借りているのかをすべて書き出してみましょう。長期にわたって返済し続けている借金がある場合には、グレーゾーン金利の廃止によって支払いすぎている利息が発生しているものがあるかもしれません。もし心当たりがある場合は、引き直し計算をしてみれば借金がなくなるどころか、支払いすぎた利息を取り戻せる可能性もあります。

また手元の資金に余裕があるという方であれば、より金利の高い借金を優先的に返済していくことで返済総額を抑えることができます。資金に余裕がなく高い金利に悩んでいるという場合には、より金利の低いローンに借り換えるという方法で返済総額を減らし、ゆとりのある返済計画に立て直すという方法もあります。




前の記事